it can't be helped
音楽・本・アートについて書こうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目次 2008年
イベント 2008年

10/10 GrassRoots12th.AnniversaryParty!!
10/6 高円寺GRASSROOTS
10/4.5朝霧JAM2008 It's a Beautiful Day
10/2 「magharibi」
9/27 FOOLでpokapokaな夜 vol.7
9/24 SERVICE@asia
9/24 ALEJANDRO@saloon
9/23 festival『SYNCHRONICITY』2008@渋谷O-EAST
9/20 CHAOS BRAIN vol.2 @新宿LOFT
9/20 COLOSSEUM vol.001@高崎club FLEEZ
9/14 nbsa+×÷2008@ageHa
9/13 YAOAO@柏FOOL CAFE
9/11DACHAMBO@グラスルーツ
9/5.6.7あさぎり天空祭り@ふもとっぱらキャンプ場
8/30.31 WINDBLOW '08@静岡 御前崎
8/28 ポカマニア16@Drunkard's Stadium
8/23,24METAMORPHOSE 08@自転車の国サイクルスポーツセンター
8/17利根リバーJAM@利根川ゆうゆう公園
8/12 ねた祭2008@代々木公園野外音楽堂
8/8・9・10 FANTASIA@サイレントリバーキャンプ場
8/6 CLOWN'S CROWN@asia
8/6 dachambo@梅島ユーコトピア
8/2 第5回ひかり祭り@牧郷
8/1 BLAFMA@asia
8/1 PLUSE LOUNGE@UC原宿
7/22 Dachambo凱旋帰国ライブ@横浜GRASSROOTS
7/19~20 JUST DO IT !!!!!@秩父
7/18 MERKUR SHALLPLATTEN NACHT@module
7/12 RESISTANCE vol.21@PLUG
7/11 CYBERPUNK@seco
7/6 10-FEET "VANDALIZE" TOUR 2008 追加公演"@新宿ACBホール
7/5 EXTRAFIX@seco
7/4 BGM4! @ドランカーズスタジアム
7/3 mabuguru vol.1@o-nest
7/2 CLOWN'S CROWN@asia
6/27 sHOWs@asia
6/20 sardine head@梅島ユーコトピア
6/14 ポカ祭り@南柏ドランカーズスタジアム
6/12 PULSE@CLUB ASIA
4/5 HOUSE×Kの食卓@Raver's Cafe
3/29 THE HANAMI@代々木公園南口
3/23 OMI HAPPY WEDDING PARTY@横浜THUMS UP
3/21 WISDOM サンパウロUK盤リリースパーティ@unit
3/19 AUDIOJACK AUDIOJAPAN TOUR@UNIT
3/15 PHENOMANA@module
3/8 HappyLIVEs#18
3/7 WC(RAUDIVE a.k.a. Oliver Ho、GONNO)
3/1 soFtfLooR 2008
2/28 鈴木良雄BASS TALK
2/23 濱Jam祭 presents ”MIRACLE”
2/17 PANGEA@WOMB
2/9 strobo@渋谷home
2/16 YAOAO@THE FOOL CAFE 柏
2/8 MADSKIPPERS@asia
2/3 YAOAO@アースガーデン
2/1 yapacc@organza


アート

「インテルメッオー」山崎博@ゴールデン街 こどじ
Time waits for no one@MOTT GALLERY
シュルレアリズムと写真 痙攣する美
マリオ・ジャコメッリ展
映像をめぐる7夜




「浴室」ジャン=フィリップ・トゥーサン
「砂の女」阿部公房
箱男(阿部公房)
スポンサーサイト
7/22 Dachambo凱旋帰国ライブ@横浜GRASSROOTS
渋谷の職場からバイクで第二京浜を飛ばして1時間ほどで横浜に到着。村民が会場の中にも外にもそこいら中にいる。このアットホーム感がグラスルーツの好きなところ。
店内で友達と話したりうろうろしているうちに9時になり1thセット開始。最初はまったり。なんかちょっと、アメリカの風、かんじちゃったよ!AOさんも英語がペラペラだ(笑)

DACHAMBOのライブは何がよかったとかうまく言葉で言えない。ライブにたくさん行ってるせいで、何となく流れが読めたりすることもあるんだけど、やっぱり予測不能な部分の方がおおくて、毎回、こんな風になっちゃうんだ!って驚きがある。新鮮かつ間違いなく気持よい。

30分ほどの休憩をはさんでメンバーお土産抽選会。
そして2thセットスタート。それが、fishmansばりに浮遊感のあるDUBから始まって、相当気持がよかった。なんだ~やるじゃーん、なんて思ってたらAOさんのギターの弦が切れた。アメリカツアー以来弦を変えてなかったらしい。やるじゃん(笑)

全体的に2thセットは新鮮なアレンジが多かった。踊るばかりじゃなくじっくり聴いてみようとおもって後ろの方にいってみたりして、味わった。
1時間ほどで終わるかと思いきや、たぶん1時間半くらいやってたかも。平日の夜なのに、すごい盛り上がった。

バイクだったので終電を気にせず、しばらくだらだらしてから帰った。
第3京浜きもちいー。

7/22 Dachambo凱旋帰国ライブ@横浜GRASSROOTS

(追記)
セットリスト
1st set
1.jam~Laca Laca (means we love... )~jam~
2.Melody for everyway~jam~
3.Baby Love

2nd set
1.jam~Lazy morning~jam~
2.Beyond The Line~jam~
3.Melody Life~
4.Beyond The Line(reprise)~jam~
5.more than lady~jam~
6.Mascaline

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

7/19~20 JUST DO IT !!!!!@秩父
夜7時過ぎ、暗くなる前ギリギリに到着してテントを張り終えほっとする。フロアに出てみると音がちょっと固めで気になる。離れるとほどよいかんじ。暗くなってからライトのセッティング始めたので、しばらくは暗いまま。友達とぶらぶらする。
以前2度このパーティーには来たのだけど、どちらとも極寒でフロアではいくつも焚火が焚かれていた。そのことを思うと、今の時期の暖かさがとてもうれしい。夜になると少し肌寒いくらいで過ごしやすい。

タイムテーブルがちょっと変ったりしたらしく、誰が誰なのかよくわからなかったけど、それより久しぶりにお酒を飲んだりしたら速攻で眠くなってしまってわけがわからなくなった私。2時くらいのコアタイムにWADAさんで踊るはずが、寝てた。馬鹿。

友達がヒトダマ名義で狐のお面をかぶってファイヤーポイをしてたんだけど、それもほとんど見れず。一回目を見たけど、眠過ぎて意識朦朧。彼はいつもはファイヤーの燃料に灯油を使うのだけど、今回は燃料用エタノールを使っていたらしい光量がだいぶ控え目でビデオに撮っていたのだけど見てみたら体の動きがほとんど映っていなかった。

ちょっと起きたり、すぐまた寝ちゃったりして、意識がはっきりしたのはようやく明朝になってから。JPEGさんでした。
川が流れ緑が茂りフロアも混み過ぎてなくて過ごしやすく気持のよい会場でした。
全体的に客層はちょっと上で、がつがつした感じでなくてゆるっと楽しむほぼ身内ノリのパーティーだった。


JUST DO IT !!!!!

2008/7/19(sat)~7/20(sun)
@ 秩父浅見キャンプサイト
http://asamiyasuzou.blog55.fc2.com/
(都内より2時間半程)
Entrance 3000 yen(ご予約お願いします!)

Sound Start 7/19 15:00
Stop 7/20 12:00

◆SOUND◆
MONSTRO STEREO
http://www.monstrostereo.com/
◆DJ◆
DJ WADA (Co-fusion)
MOODMAN
SHANE BERRY (Trapez) [Live]
SHUHEI ABE
COOL "DISCO" IDRINK
FUCK MASTER FUCK (2 Much Crew)
THE KLO (ポテ恋Disco)
TAKA-AKI azzlo

WUB
EPISIARK
MASA & MOTZU
SPORTS-KOIDE
◆LIGHTING◆
VEEM (ポテ恋DISCO)
◆BAR&軽食◆
阿佐ヶ谷我無双
http://www.gamuso.com/

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

7/18 MERKUR SHALLPLATTEN NACHT@module
今回はGONNOさん目当てに、明日はレイブだけども夜の渋谷へバイクでGO。
2時半くらいに到着して階段降りたらGONNOさんがいた。で、その横に2年くらい?以来になる予備校と大学の後輩がいてまじびっくりしました。まさかこんな所で遭遇するとは。
とかいうことは置いておいて、フロアに向かうとDJ Shingo Suwaがプレイ中。結構混んでいて、客層はやたらノリが良すぎる白人が多くて不思議。Shingo Suwaさんがドイツのレーベルからのレコード出したとか何とかで、ドイツ人だったのではないかと踏んでいるのだけど真相はわからない。
 
Moduleは暗すぎる上にライトの明滅が激しくて目が疲れる。おまけにフロアのノリに微妙に違和感があって踊っていても居心地悪くて落ち着かないので、一時退散して上のフロアで後輩と喋ったり。Suwashingo自体は悪くなかった。ちょっと重め。

3時すぎてそろそろGONNOさんだとおもって降りて行くと、人が多少はけていて雰囲気も良くなっていた.GONNOさんのプレイは最初にライブセットを聴いた時はとても繊細な印象で、2度目にDJを聴いた時は気分よく程よい刺激でつぼを刺激してくれる感じで、今回はちょっとハードで野郎っぽいノリだった。GONNOさんのDJで踊っていると頭の中がからっぽになる。気づくと時間が過ぎている。
私は踊っている最中にぐるぐるものを考えだして止まらなくなったりすることがよくあるのだけど、GONNOさんの時は中空のよい位置に浮かんで踊れるのでとてもたのしい。たのしいっていうか、心地よい。
 
GONNOさんのあとにShingo SuwaさんがBTBで回してたのかな?ちょっと入れ替わり立ち替わりして、最終的にGONNOさんが回して、フロアは6時近くなってほぼカラだったのだけど、この際最後までいてやろうと思って最後までいた。やりきった感があったけど疲労はなかった。来た時間おそかったしね。



MERKUR SHALLPLATTEN NACHT
Friday night - July 18, 2008 @ MODULE

Time: 22:00 to 00:00
Cost: 2500-1D / 2000-1D (W/F)
Genre: Techno, Minimal« Previous Event Map Venue Next Event » MODULEMODULE

■B2■
Shingo Suwa (Merkur Schallplatten)
Gonno (WC Recordings / Perc Trax)
Terra (DIESEL-U-MUSIC 2005 DANCE WINNER)

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

7/12 RESISTANCE vol.21@PLUG
到着するとちょうどスティーブ・エトウが始まったところで、ドラム缶にまたがってドラムスティックでがんがんドラムを叩いていた。「昨日の私、今日の自分、明日の俺」みたいな感じのタイトルで、録画した2人の自分とセッションする試みをしていておもしろかった。ドラム缶を横にしたり縦にしたり跨ったり離れたり、いろんな音が出ていてその創造力に驚いた。

K.E.I.さんのDJは30分だけというあわただしさで、一瞬DACHAMBOをかけたりしてハードにしようとしつつ、続くpoodlesへ配慮してゆるめの選曲に。

先週も聴いたpoodlesは相変わらずドープな感じに太鼓を響かせていて、小物の鳴り物を操る女性にも釘づけになる。そんなにがっつり民族調にもっていく感じでなく、端正な雰囲気のJAM。踊ったり、休んだりして聴く。

ko-umeharaのDJはパきっとしたテクノ中心で、JAMバンドの合間をリフレッシュしてくれる。
こういう展開好き。JAMバンドが出るパーティーだからと言って、あったかい音だけ回してると飽きてきてしまうから。

で、MUFF。これも先週南柏のパーティーで初めて聴いた。重いところのない軽快さで楽しく遊ばせてくれるバンドで、かなり気に入った。また何かで見つけたらいくかも。COMA*とかと対バンしたら相性がよさそうだと思った。

最後はまたDJ K.E.I.さんに。今度は時間もあるのでいろいろ回してた。ジャングルとか。あったかいDUBっぽい音かけてる最中にVJがめろりんきゅーの映像リプレイしまくってて、笑ってしまった。
妙に気になるストーリー性のある映像を流すVJで、面白かった。



2008 07.12 SAT
RESISTANCE vol.21
PRESENTED BY -kikyu-

[ Performer ]

LIVE:
poodles
MUFF
スティーブ・エトウ

DJ:
K.E.I
Ko Umehara (-kikyu-)

VJ:
ゲルマニウム
(SAKKAU-OHJI.-kikyu-矢吹和彦)

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

7/11 CYBERPUNK@seco
kaminariが1時半までDJだと言っていたから1時ちょっとくらいに行ったのに、終わってた。0時半までだったらしい。そんな告知間違いってあり?

で、GOTH TRADだ、わーい、と思って聴いてたんだけど、最初は気分良く聴いてたのに、途中からなんか冴えなくなってきて、変な感じ。客層もヤンキー?みたいな?人がうろうろして話しかけてきたりぶつかってきたり、落ち着かない。つまんなくなってきて、REE,Kが始まるのも4時からだとかいうし、帰ろうかと思ったら友達見つけたのでソファーに座ってREE,K待ち。

後から聞いた話によると、GOTH TRADの時に勝手にMCが入ってきちゃったらしく、それでGOTH TRADはかなりご立腹だったとか。とかいう噂。

そんなわけで中盤は変な空気になってたんだけど、そのあとのE.D.O ECHO SOUNDSYSTEMのDUBではゆらっと踊ってみたり。

REE.Kが始まるとフロアもわりと落ち着いてきて、REEさんの音も超かっこよくて陶酔しながら踊った。待った甲斐があった。結局音が止まる6時まで踊りきって、いい気分で家路に着きました。REEさんはいつどこで聴いても絶対に間違いないDJで尊敬するし感謝もするし。ありがとうございます。

あ、VJもよかった。


CYBERPUNK

7/11(FRI) OPEN:23:00
ENTRANCE 3000Yen/1D WITH FLYER 2500Yen/1D

[Special Guest DJ]
GOTH TRAD
REE K (HYPNODISK)

[LIVE]
E.D.O ECHO SOUNDSYSTEM
OQTO&MCD2 (BASSAB)

[DJ]
DOPPELGENGER (CYBER PUNK)
KAMINARI (SLIP STREAM)

[VJ]
REAL ROCK DESIGN

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

7/6 10-FEET "VANDALIZE" TOUR 2008 追加公演"@新宿ACBホール
1O-FEETのことは名前を聞いたことがあるだけで全く予備知識なく、G-FREAK FACTORYが聴きたくて、会いたくて、それだけで行ったライブ。
あんなにモッシュとダイブが激しいハードコアとは思わずに、気の抜けたワンピとかネックレスとかしちゃって場違いだったかも。でもG-FREAK FACTORYへの愛は私も同じです。涙が出そうでした。なんか存在にもう圧倒される。
VO.Gの茂木さんに頂いた熱いハグだけであと1か月は元気でいられると思った日曜の夜。5日連続でライブとかクラブに行ったけど、〆にふさわしい、すてきな日曜の夜を過ごせたと思います。

9月20日には高崎のクラブFLEEZにてかなりヤバいコロシアムというパーティーが開催させるそうです。絶対行く。今度は本気の格好していく。モッシュは嫌いだからしないけど。



10-FEET "VANDALIZE" TOUR 2008 追加公演"@新宿ACBホール

1O-FEET
ゲスト : G-FREAK FACTORY

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

7/5 EXTRAFIX@seco
TET3がMCやるって言うからてっきりHIPHOP系のパーティーかとおもいきや、全然テクノとかで楽しかった。
8ビットサウンドのゲームみたいな音のDJとかも気持よかった。
JUNX PUNXの滅茶っぷりには暖かい微笑みが漏れてしまう。ぎゅいーんて感じ。
SONIC君のプレイ中に退出。もちょっと聞いてても良かったんだけど。
何がってわけじゃないけど、音も客層もなんだかいいパーティーでした。


2008/07/05(Sat) EXTRAFIX
7/5(sat) 24:00start 1000yen(w1d!)

▲SKYFISH(19-t)
http://www.myspace.com/djskyfish
http://www.futuredaze.net/skyfish/

▲COW'P(19-t)
http://www.myspace.com/c0wp

▲JUNX PUNX
http://www.myspace.com/junxpunx

▲TET3
http://www.myspace.com/tet333
http://qairo.com/artist/tetsu/

▲024

▲SONIC

▲JYOTARO


blend your friend!

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

7/4 BGM4! @ドランカーズスタジアム
indus&Rocks が終わりかけの頃に到着。ほどほどなかんじ。

次に今回の一番の目当て、COMA*登場。きもちー。dachamboのモチベーションとシンセ担当、HATAさんがNEWアルバムのプロデュースをしてるらしく、曲のビートがしっかりしたアレンジになっていて、新しい一面を見た感じ。ラストの曲、アルバムondeeから「Apres A Danse」で爽快感あふれる〆でした。

クンクンクリヌキ共和国 はクンクンニコニコ共和国のボーカル、クリコさんが抜けたバージョン。民族JAM色が強くなってて、ラスト近くでファイヤーパフォーマンスのmelaが入ってお祭りでした。楽しいバンド。妙な毒が癖になる。

その次の旅団聴いてて思ったんだけど、先日o-nsetで聴いたアヤワスカも旅団もどちらも大所帯のバンドなんだけど、あちらが陸路をイメージさせるとしたら、旅団は空路も使っちゃうイメージ。浮遊感と調和する音の美しさが、同じ大所帯バンドでもまったく違った仕上りのイメージになる。

最後のmuffは軽快なJAMバンド。つい浮き浮きと飛び跳ねてしまうような音。地に足はついてるけど、付かず離れずスキップしたくなる。フロアもダレることなくいい具合に暖かかったです。


7/4 BGM4! @ドランカーズスタジアム

LINE UP:
旅団 / indus&Rocks / COMA* / muff /クンクンクリヌキ共和国

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

7/3 mabuguru vol.1@o-nest
slip streamには間に合わず。

oakはギターの女性が可愛くて雰囲気担当、でもって歪んでギウギウなギタープレイも良かったです。ギターが表番ならドラムは裏番。背骨まっすぐに心強い叩きっぷり。そのドラムの平井さん(ブンブンサテライツのドラム)は今回を持ってoak脱退だそうです。ラストライブなのでした。

littlecosmoはなんだかムーディーでjazzyな大人っぽい始まりでした。後からはだんだんいつもどうりアゲてくれて、貫禄のライブ。テクノっぽい曲とかさいこう。新曲もあったらしい。アルバム出してほしいです。
今年もメタモKORGブース出演。行かなきゃ。

poodlesはステージ中央に据えられたパーカスが屋台骨をささえるバンド。きもちー。

AYAHUASCAは10人くらいの大所帯バンド。シタールとか、あとディジュリドゥがよく聴こえてきて気持よかった。これだけ人数がいると音が厚くてよいです。心持ちカオスなバンド。


7/3 mabuguru vol.1@o-nest

slip stream
oak
littlecosmo
poodles
AYAHUASCA

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

7/2 CLOWN'S CROWN@asia
オープンしてまもなく、K.E.I.さんからスタート。踊らす気ないのか?な雰囲気で低温プレイでちょっと困る。帰ろうか迷っているうちにだんだんと平熱。そして微熱と上がっていったところでゆらゆら踊る。高熱へ移行する前にSHIRO the GOODMANへチェンジして、SHIRO the GOODMANは微熱を維持してるかんじ、なところで明日は仕事なので1時くらいで帰宅。YOGURT,とか Conomarkも聴きたかったな。


7/2 CLOWN'S CROWN@asia

ARTISTS: SHIRO the GOODMAN, YOGURT, K.E.I., Conomark.

『ROMZ RECORD』のレーベル・プロデューサーである、'SHIRO THE GOODMAN'の初レギュラーPARTYが、ここ渋谷club asiaで毎月第1水曜に開催!! all・in・the・mixなオリジナルサウンドでの、新たなDANCE MUSIC SCENEを体感しにきてみてわ???

about ROMZ: ROMZ RECORD is a Tokyo-based Japanese indie label, it was started by SHIRO THE GOODMAN and COM.A, since 2001. For lots more info visit : www.romzrecord.com
----------------------------------- ◎日本を代表するピュア・インディペンデント・レーベルとして、玄人素人関係無しに幅広く認知され、その実、何を代表するわけでもないフリーフォームなレーベル「ROMZ」。SHIRO THE GOODMANがレーベル・プロデューサーを務め、Joseph Nothing、COM.A、Kid606(US)、SHY CHILD(US)、Cycheouts Ghost、milch os source(ex.milky-chu)、Soloal One aka Olive Oil 、world's end boyfriend aka world's end girlfriend、DJ/Rupture(US)、Filastine(US)、KAADA(Norway)等が国籍を超えて所属。エレクトロ (?)、ブレイク・ビーツ(?)、ハードコア(?)、ニューウェイヴ(?)、ポストロック(?)、ダブ(?)、レゲエ(?)、ジャングル(?)、ヒップホップ(?)、ワールド(?)、モンド(?)、シネマスコア(?)、オールディーズ(?)……等々の多様な引き出しが生物のように交差し、馬鹿馬鹿しく、嘘臭く、そして時折美しく、新鮮な音楽をリリースし続けている。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

copyright © 2005 it can't be helped all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。