it can't be helped
音楽・本・アートについて書こうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/19 AUDIOJACK AUDIOJAPAN TOUR@UNIT
2008.03.19 WED
Third Culture presents
~AUDIOJACK AUDIOJAPAN TOUR~

LINE UP:
DJ :
AUDIOJACK (20:20 Vision / U.F.O)
SUGIURUMN
KAGAMI
BRYAN BURTON-LEWIS

SALOON (B3F)
DJ :
DJ TSUYOSHI
HIFANA@HOME
MAXXRELAX
MATTie

VJ : HEARTBOMB

INFORMATION:OPEN : 23:30
START : 23:30
CHARGE : ADV.3,000yen/door3,500yen (BEFORE 0:00 3000yen )

小雨降るなか、1時に到着。名前をよく目にするDJ SUGIURUMN(読み方がわからないので勝手にスギウラさんと読んでる)がプレイ中。わりとメリハリ。普通に気持ちよく踊れる。合間にsaloonのHIFANA@HOMEものぞく。まったりてドープ。上と下の階の差異が面白い。ハイファナ、歌謡曲かけたりして楽しい。HIPHOP系もなんだかありだわ。UNITはメインとsaloonで違う感じの組み合わせをしてくれることが多くて、飽きっぽい私にはとてもうれしい箱。
2時15分、AUDIOJACKが始まる。キックが深い。その上に硬質な音が重なる。嫌でも体が動いちゃう組み合わせ。4時15分までプレイするので、途中3時からsaloonのTSUYOSHIものぞきにいく。私にとっては派手系のTSUYOSHIはそんなに好きな音ではないはずなんだけど、フロアに行るといつのまにか気持ちよく踊らされちゃってるのはTSUYOSHIマジック。やられた。だいぶ疲労してきたがメインフロアのAUDIOJACKに戻って踊る。4時、そろそろ帰りたくなってくるがバイクではないので始発を待たなければいけない。帰りたくなってからの30分が長い。ラストに4人の女性ダンサーがセクシーなダンスを披露してくれたが、微妙な感じの子もいてちょっと白けた。女にとってのエロは繊細な問題だ。中途半端とか素人くさいのは嫌なのだ。
KAGAMIが始まったが疲れたので帰宅。電車は乗り継ぎがうまくいかず1時間もかけて到着。バイクなら30分なのにな。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 it can't be helped all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。