it can't be helped
音楽・本・アートについて書こうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/21 WISDOM サンパウロUK盤リリースパーティ@unit
3/21 WISDOM サンパウロUK盤リリースパーティ

LINE UP:
Psychederic Jam Floor
LIVE :
THE SUN PAULO
DACHAMBO

DJ : Sahib a.k.a. yama (jazzbrothers / freeman)

VJ : OVER HEADS

SALOON (B3F) : Electro Dance Floor
DJ :
KOTARO (wonkavator)
MATTIE (electro slave)
YOUTH-K (агитпункт)
YOSHIO (77ELECTRO/агитпункт

1時ちょっと前に到着。ダチャンボがビヨンドザラインやってるのを聞きつつ、1時から受付係りだったのでフロアを離れる。ゲストとディスカアウントの受付を3時まで。サンパウロの関係者は美人さんが多い。途中ちょっと抜けて聴きに行くと、ベイビーラブをやりはじめたところ。可愛い曲でスキ。
3時からサンパウロ。去年の濱ジャム祭以来かな?ま、普通にいい感じなんだろうなー、とゆるく聴き始めたら、想像以上にすごいかっこよかった。音がぶわーーっと広がっていく感じ。UK盤リリースするのもなるほど、なんとなくヨーロッパなイメージの音。ちょっとアンダーワールド的な匂いが。クラブサウンドっぽいのに、ロックの魂が素敵。タイジさんステキすぎる。カーペンターズのcrose to youのカバーでフロアみんなが胸キュンして終了。
saloonに降りてみるとDJ kotaro。かっこいい。気持ちいい。ずしっとクる感じ。5時からセッションなので、それまで踊る。後ろ髪引かれつつ、5時過ぎからセッション。ダチャンボオールメンバーに最初はタイジさんがドラムで参加。それからゆるゆるセッション。ソファーに座って、目をつぶって、聴く。潜って、たゆたう。川の底をさらっていくような、探検。6時を少し過ぎ、時間オーバーってことで、あれー、なんつう様子で水面にひょっこり頭を出すようにして終了。
ふー。
いいパーティーだった。どちらのバンドもに出るから楽しみ。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 it can't be helped all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。