it can't be helped
音楽・本・アートについて書こうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7/3 mabuguru vol.1@o-nest
slip streamには間に合わず。

oakはギターの女性が可愛くて雰囲気担当、でもって歪んでギウギウなギタープレイも良かったです。ギターが表番ならドラムは裏番。背骨まっすぐに心強い叩きっぷり。そのドラムの平井さん(ブンブンサテライツのドラム)は今回を持ってoak脱退だそうです。ラストライブなのでした。

littlecosmoはなんだかムーディーでjazzyな大人っぽい始まりでした。後からはだんだんいつもどうりアゲてくれて、貫禄のライブ。テクノっぽい曲とかさいこう。新曲もあったらしい。アルバム出してほしいです。
今年もメタモKORGブース出演。行かなきゃ。

poodlesはステージ中央に据えられたパーカスが屋台骨をささえるバンド。きもちー。

AYAHUASCAは10人くらいの大所帯バンド。シタールとか、あとディジュリドゥがよく聴こえてきて気持よかった。これだけ人数がいると音が厚くてよいです。心持ちカオスなバンド。


7/3 mabuguru vol.1@o-nest

slip stream
oak
littlecosmo
poodles
AYAHUASCA
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 it can't be helped all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。