it can't be helped
音楽・本・アートについて書こうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8/6 dachambo@梅島ユーコトピア
グレイトフルデッドのジェリー・ガルシアさんの命日が8月9日ということで、デッドヘッズの集う梅島にあるユーコトピアという箱では、1日~9日までJerry's Weekと銘打って、様々なJAMバンドが連日ライブを行っていました。
で、例年どうりdachamboさんも参加し、今回は6日の水曜日にライブでした。

8時半過ぎに到着するとライブハウス前にメンバーさんが座っていたのでまだかなー?と思って中に入ると、omiさんがソロでディジュリドゥを演奏していました。そこへゆるゆると他のメンバーが加わっていき演奏開始。なんかアットホームでいいな。ユーコトピアという箱の空気もそんなかんじで、いいかんじ。

セットリストは下記のとおり。
1stセットはnewアルバムからの曲を中心に。サルビアオリビアのjamが気持ちよくって、この曲ってアゲアゲな感じにも演奏できるし、まったり落ち着いた感じにもできるし、いろんなアプローチが出来ておもしろい。DWAALSTARをさりげないかんじで終了させて、ゆるめの1st。
2ndはグレイトフルデッドからScarlet Begoniasのカバーで開始。うーん、デッド。inernet archivesからDLした音源で聴いたことある曲でした。そこにBeyond The Lineでアゲてくる。デッドのBirthをはさんで再びBeyond The Line。この辺の流れとか、アゲてるんだけど穏やかなゆるさもあって、平日の夜に堪能するにはちょうどいい。

grassrootsでの凱旋帰国のお祭りライブ、バビロン渋谷での強制的アゲアゲライブ、ユーコでのまったりライブ、どれもそれぞれに面白くて、会場とかその日の空気に合わせていろんな表情の演奏を見せてくれるdachamboさんっておもしれー。比較しつつ聴くと余計に違いが際立って面白いから、やっぱり追っかけはやめられないです。

片付けを始めたdachamboさんをよそに、ジュンペイさんがブルースをがなりだして、でもちょっと不発に終わったけどそれはそれでよし。
いい夜でした。

グレイトフルデッドについてはこちらのサイトも詳しいので気になった人はチェック。


dachambo Jerry's Week@梅島ユーコトピア

1st set
1.LAMA~
2.more than lady~
3.サルビア・オリビア~jam~
4.DWAALSTAR

2nd set
1.jam~Scarlet Begonias(Grateful Dead)~jam~
2.Beyond The Line~jam~
3.Birtha(Grateful Dead)~
4.Beyond The Line(reprise)

encore : J's Blues(act by Junpei Fukumura)


スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 it can't be helped all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。