it can't be helped
音楽・本・アートについて書こうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8/8・9・10 FANTASIA@サイレントリバーキャンプ場
combineという三軒茶屋にある店の3周年も兼ねたパーティー、FANTASIAに行ってきました。
スーパーデラックスのこのイベントと10日のマニアックビーチに行くつもりだったんだけど、テクノと、山が、やっぱり好き。なのでした。

金曜の10時過ぎに家を出発。相模湖インターを降りてから道を間違えてひかり祭り会場の方へ行ってしまって時間ロスしたけど、順調にいけば1時間半ほどで着る距離でした。

12時過ぎのフロアはまだ金曜の夜ということもあってか人影はまばら。でもいい音鳴ってたので幸先よいスタート。テントを張るには暗くて面倒だったのでシートに寝袋を敷いて寝転がったけど熱くも寒くもない丁度いい温度で蚊もいなくて快適。
フロアに出て踊っていると気づけば私と友達の2人占めになってたりして、ちょっともったいないくらい。音はテクノテクノでDJが変わってハウスっぽくもなったりしたけどだいたいテクノ。

翌土曜日は昼過ぎに起きてぼんやりしてから、雷鳴を遠くに聞きつつ近所のいこいの湯へ。温泉に到着すると同時ににわか雨が降り出す。温泉はぬるめできもちいー。出る頃には雨も上がって爽やかな風が吹いている。

会場にはいつの間にか人が増えている(シャトルバス組がいたみたい)。相変わらず音はいい感じのまま。

ここのサイレントリバーというキャンプ場はすごいロケーションがよくて、テントサイトは小さいのがいくつも蟻の巣穴のように通路沿いに点在していて、メインフロアから一段降りたところにはU字に蛇行した川が望める。テントサイトには木が茂っていて直射日光を上手いこと避けられる。トイレは丸太づくりで驚いたことには斜面に向かって大きく窓が開かれているので山並みを眺めながら用が足せる。

そんなこんなであっという間に夜になり、やっぱり音はテクノで、あんまり激しすぎなくて、ミニマル色が濃くて、大好きな感じ。踊ったり、座ったり、ポイ回したり、偶然再会した友達と盛り上がったり、幸せ感持続しまくり。
2ndフロアの方は斜面に設けられていて踊りづらいことこの上ないんだけど、チルって言うような音じゃなくて、メインでも全然イケるような調子のいい音。すっごいおもしろいMCの人がいて、すっかりイっちゃってるんだけど、なんか喋りがうけた。靴を片方なくしたらしく、「俺の靴は見つからないけど、お前らの道は見つかった!」ってなんかもう笑いながら感動。

明け方ちょっと寝て、日曜の天気の良い気持ちの良い朝を迎えて、しばらく踊り、11時に〆。
オーガナイザーのもっちゃんという人が挨拶をしてて、なんだかみんなにとても愛されている感じが素敵でした。

ああ、もう、すごーーーい、満足感。
特に知っているDJはいなかったんだけど、どのDJも安定してハズレのない音を鳴らしてくれてて、本当に幸せな時間が過ごせました。
ありがとう。


Fantasia * combine 3rd anivarsary * Visionaries

Special Guest Live : Andy Vaz(Yore, Background, aTOUCHofCLASS)

Special Guest DJ : Toby

Live: / Hideyuki Tanaka (Mo’s ferry, Gastspiel Recordings) / Himuro Yoshiteru (TaNGRaM DiSK, FILE RECORDS) / Kosuke Anamizu(Mule electronique, Realjo[k]e) /Neohachi (NEOHAC RECORDS) / Niklas Niemenen(Grain Records) / Yasuharu Motomiya(nordform, Grain Records) /
Waki (Loveburger, Traum)

DJ: Abeshiki / Aquira(nordform, Realgrooves) / John Connell(Grain Records, Realgrooves)
Kiccio (Treeriver) / Koji Kashiwagi(combine) / Masa / Nozom / Realjoker(fat32, Realjo[k]e) / Ryuu (Realgrooves, combine)/Sin Misumi(Treeriver) / Tsuyoshi Sato(Black Edition) / Yuya(D.Headz)

Second stage:

Live: aniki age / Drastik Adhesive Force / BIKEBOY(CLAY MAGICBOOK STEPPIN‘ AHEAD) / Kazuhiro (Yamataica)/Somiya(fumalab, Desert Front)

DJ:
BOB ROGUE(MINISCULE,TEXT-TONE) / Camiya / Fulore(Object Records) / David Dicembre / Kazu (D.Headz) /koyubin(stardust from tommorow) / Lowtech(Object Records) / Mabushi(Yamataica) / Niwa(Desert Front) / Satoshi / taisouegao(stardust from tommorow) / Rebel (D.Headz)
気持ちーず

Sound system: Acid Headz

日時 2008年8月8,9,10日(金,土,日)
開場 8日17:00 開演 8日21:00
会場 サイレントリバー・キャンプ場
http://www5b.biglobe.ne.jp/~s-river/menu.html
〒199-0206 神奈川県津久井郡藤野町牧野長又11455
Ticket 前売り券 4000円 当日券 5000円
主催:Fantasia実行委員会
協力:combine, Fat32, nordform, Treeriver, object records, Grain Records, The Room, TaNGRaM, Acid Headz,
Yamataica, Geograph, aTOUCHofCLASS, Background, Yore, Serato, Silent River Camp site
協賛
Supported By Vestax

スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 it can't be helped all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。