it can't be helped
音楽・本・アートについて書こうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8/23,24METAMORPHOSE 08@自転車の国サイクルスポーツセンター
霧雨の降る中会場に到着。
モビリティーパーク駐車場から会場までのバスに乗り込み5分余りか、ゲート駐車場に着くと駐車場をぐるりと囲みさらに巻き込むほどの長蛇の列。去年の1,5倍くらいあるんじゃないかしら。スタートのクラムボンに間に合わない人続出だろうな。
ゲートをくぐるとポカリスウェット無料配布券を配っててくれてありがたくいただく。

テントサイトにテントを張り一息いれるとクラムボンがスタート。ちょうど日も暮れてきて、薄暗闇の中メタモの夜が始まるわくわくする予感。雨は強くならずにカッパがなくとも過ごせる。そんな天気が朝の8時くらいまでずっと続いていた。

クラムボンの途中で抜けて友達と出会いテントで一服するうちにPLANETでNUJABESが始まるのでそちらへ向かう。階段を覆うようにしてたてたミラーボール(by shinkirow)が美しい。NUJABESはきれいな旋律。HIPHOP系かと思いきや、意外とメロディアス。

少し聴いて満足すると電車でやってきた友人が到着したとのことでテントサイトへいったん帰る。エネルギーチャージしてSOLARのTONY ALLENへ。このころから酔いがまわってメロメロになってきているので記憶がだいぶあやふや。
しかし、とにかく、TONY ALLEはドラマーらしいのだけど、ライブは大所帯のバンドで、その演奏は肌の上をぞろりと撫でるような官能的なもので、弾けたリズムが身体に心地よくなじんで、うっとりと聴き惚れた。最後にバンドのみんなでお辞儀のあいさつをして終了。感動のライブでしょっぱなからヤられる。

感動の余韻に浸りつつトイレでも行こうかと一番すいていそうなKORGブースの方へ行ってみると夜中にライブをするlittle cosmoのお二人や、その他知った面々に出会えてホーム感が俄然あがってくる。

酔っ払いには判断力がないので、この辺からもう、流れる感じで。その場にいたRさんに連れられてKRUSHを聴きに行こうとLUNERれへ向かう道すがらにshinkirowのばんちゃんがいて、ムクバジャンというキラキラ反射ミラーであたりを光の洪水にしちゃってて、しばらくそれに捕まってしまう。ちょっと脳みそに光の欠片が混入しちゃった感じでKRUSH。ガチアゲでかっこいい。アゲすぎでちょっと煙草でも吸いに行きたいなー、と外に出たりしてみたり裏メタモ探検をしてみたりして気がついたらなぜかいろんなところを通り抜けててSOLARに着いてて謎。ALBUM LEAFはそんなわけでチラ見しかしてなかったんだけど周りの評判はだいぶ良かったみたい。

KORGブースに再び戻りKOK feat. Cutsigh(from Audio Active / Freaky Machine)をユルっと聴いて、そうこうしてるうちにPLANETに行かなきゃいけない時間になったので長距離移動開始。

PLANETではちょうどKIHIRANAOKIが終わりかけでおしゃれでアツイDJをかましてくれてて、それに続くEYEちゃんはしょっぱなから曲げててヤバい。EYEのDJはEYEっぽいとしか言いようのないなんだか踊りたい欲求を妙に刺激してくるちょっと民俗風だったりラテンだったりするようなエッセンスがまぶされてて、ついつい踊っちゃう。
前方に配置された3角形スクリーン3つに照射されるVJはサイケデリックな揺らめきで視覚を夢中にさせるし、曇天に放射される強いライトの光跡が頭上で3つほども重なって、そのまま天に引っ張り込まれそうなヤバさ。
KORGでlittle cosmoが始まるのでPLANETを後にするものの、降りる階段のミラーボールがキラキラしすぎててこっちにもしばらく捕まってしまう。草むらに細切れになった光がばらばらと散って砕ける様はなんとも言えず素晴らしい。そこへ風が吹き、虫の声が聞こえ、一瞬別の世界へ連れて行かれそうになりつつ、そこは何とか意識を取り戻して歩き出す。

通りかかったSOLARのBOOM BOOM SATELLITESは超たくさん人がいたけど、あえてここはスルーしてkorgでlittle cosmo。おなじみなかんじで落ち着くし間違いなく好きな音だって予想がついてるから安心して聴ける。最後の方はPAトラブルでぶつぶついってたものの、前半は踊らせてくれたので満足。

続いて2年前のanoyoでも素晴らしいチルを演奏してくれたMANUEL GOTTSCHING & ASHRAへ。これがもう極上のきらめく演奏で、チルもあれば踊らせてくるのもありな壮大な流れで、ポイとか取り出して踊ってみたらステキにはまって、心地よい。そのまま最後まで頭のねじをゆるゆるされたまま遊んでました。

演奏が終わってふと我にかえって次はどうしようか考えてタイムテーブルを見ると、LUNARでJOSH WINKの文字。知らない人だけど周りの友人が行く人多かったので行ってみる。LUNAR会場に入ってみるとバキバキのテクノでしかもVJもビカビカでやばい。頭蓋骨の芯まで打ち抜かれて呆然とつつ体は自然に踊りだしちゃうから、もう、なに、魔法使いですか?とか思ったけどそろそろ体も休憩を求めだしてきたからはじっこの方で座ってリズム取ったり半分寝てみたり。GALAXY 2 GALAXYに行こうかと思ってたんだけど結局JOSH WINKから離れられずにそのままLUNERにいて、HIROSHI KAWANABEが始まってからしばらく寝てそれからSOLARへ向かった。

SOLARではCOBBLESTONE JAZZのセッティング中で、演奏まで待ち切れずに一時テントへ戻って休む。演奏が始まってかっこいいなーとおもいつつも、体が限界でなかなか動けなくてそのままテントで聴く。ちょっとしか聴こえない。あとから聞くとCOBBLESTONE JAZZも相当周りの評判がよかったのでもうちょっと、がんばって聴きに行けばよかったと後悔。

PLANETのJAH SHAKAへ行く体力もなく、テントで友達とだらだらしてるうちにtoeが始まって、その演奏を聴きつつ激しくなりつつあった雨の止み間を見計らってテントを片付け、toeの最後~アンコールまでを見届けて、切ない演奏とメタモが終わった感慨にふけりじんときてから、会場を後にした。

気になったのはSOLARの下の屋根付きスペースでやってた企業ブース。通りかかるたびにDUBやってたり、ドラムンやってたり、テントで休んでてもちょっぱやな音ばっかり聞こえてきて、あれはあれで楽しそうだった。

フードは超アルデンテのタイラーメンが美味しくなかったほかは食べなかった。
出店でテールPOIを衝動買い。今までのパフォーマンスポイがぼろぼろだったし、いい機会だ。マニュエルでポイ回してたら撮影班みたいな人にビデオ撮られたけど、何かで使われるんならみたいなーあ。
POKAPOKAの出店には毎度ほっこりさせてもらって、感謝。ホームがあるって感じで落ち着く。

去年に比べて随分と人手が多かったらしいけど、会いたい人にはみんなちゃんと出会えて
よかった。

備忘録でした。


SOLAR STAGE
MANUEL GOTTSCHING & ASHRA
GALAXY 2 GALAXY
TONY ALLEN
THE ALBUM LEAF
COBBLESTONE JAZZ
BOOM BOOM SATELLITES
CLAMMBON
toe

LUNAR STAGE
JOSH WINK
MATTHEW DEAR
DJ KRUSH
FUMIYA TANAKA
Q'HEY
HIROSHI KAWANABE
DJ NOBU
MAYURI

PLANET STAGE
THEO PARRISH
JAH SHAKA
JOAQUIN "JOE" CLAUSSELL
MEZKLAH
NUJABES
EYE
CALM
KIHIRA NAOKI
RYOTA NOZAKI (JAZZTRONIK)

VJ ACT
UKAWA NAOHIRO
autonograph*
JULIETTA
JYOTHIR : JYOTIS
REALROCKDESIGN
SAKOTA HARUKA
SO IN THE HOUSE
Tripon x Masato Tsutsui
SAMURAISEX
sys
THE RKP a.k.a. rokapenis
KRAK

KORG BOOTH
Cuevox
車輪の再発明
B-SIDE
TWO TRIBES
KOK feat. Cutsigh
(from Audio Active / Freaky Machine)
Little Cosmo
DRACO

HIKARI ART
SHINKILOW
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 it can't be helped all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。