it can't be helped
音楽・本・アートについて書こうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/13 渚音楽祭2008@お台場オープンコート
寝坊して遅れて到着。ゲートは長蛇の列。ぎりぎりで超見たかったcoma*に間に合わなくて泣きそう。でも列に並びながらkinocosmoはちらっと聴けた。相変わらずぶりぶり飛ばしててかっこいい。
RAJA爺が愉快に挙げてくる太陽ステージと、調子のいいテンポで躍らせてくる星ステージのYOGURTを行ったり来たりしながら会場パトロール。
ぶらぶらしてるうちにクリーンアップタイムも終わり、風ステージでは注目のTURTLE ISLANDが始まる。これがなんかもう、お祭りわっしょい、どすこいってなかんじのすごいアゲっぷりのライブで、モッシュ&ダイブ上等。すごい熱い。なかなか関東方面には来ないみたいだけど、今日見れてほんとによかった。FUMIYA TANAKAで踊ってみたけど、太陽ステージは居心地が悪い。KAORU INOUEの星ステージに逃げる。4日連続で遊んでるとさすがに疲れてくるので、光ステージでベンチに座ってcandle juneのデコを見ながチルしたり。DERRICK MAYは貫録のセット。でも思ったよりブチアゲじゃなくて、けっこうスムーズなかんじ。そうこうしてるうちに犬式が始まる。これは最初から最後まで離れられなかった。SOILの元晴さんもゲスト参加していた。犬式はやっぱりこう、なんていうか魂の暑さが違う。結局8時近くまでライブをしていて、ステージが終わると音止めまでもうまもなく。ラストをどこで迎えようか思案して星ステージのALTZに行ってみると懐メロのMIX流しててちょっと気分じゃない。それで雲ステージのMASAへ。総まとめのように気持ちよく踊る。デコは雲ステージが一番かっこいい。ポールダンサーもステキ。MASAも終わり帰路に就こうとするとDERRICK MAYがアンコールで15分くらいやってくれてた。そこでゆるやかに着地。
噂に聞くとサイケのブースとかはゴミとか喧嘩でひどい有様だったらしいけど、あのあたりは全くタッチしてなかったのでしごく平和に楽しめた。風ステージの充実っぷりがよかった。
いろいろ大人の事情で今回の渚でお台場オープンコートでの開催は最後になるらしい。次にやるとしたらどこなんだろう。自分では進んで聴きに行かないようなアーティストとの出会いがあったりして渚は結構ありがたいイベントなので、まだどこかでやってほしい。

渚音楽祭
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 it can't be helped all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。