it can't be helped
音楽・本・アートについて書こうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/19 SOULMATE MUSIC FESTIVAL presents TRICO@asia
ダチャンボのシンセでもあるDJ HATAさんが出演ということでローディーもどきのライアンとお供してきました。去年国立競技場の回廊であったパーティーSOULMATE MUSIC FESTIVALが関係したパーティーです。

到着して一息ついてから探検へ。SHIN a.k.a EROY OTONANDEZがプレイ中。エロイ音なんです、なんていう名前に期待を膨らませていたのですが、わりとノーマル。堅実、というか単調に感じました。もっとエグイことやってもいいと思います!

続いて アルファ。以前DJ SUZUKIの単独出演をCOLORS STUDIOで聴いてすごくよかったので、楽しみにしていました。MCが入るライブは今回が初体験。テクノやハウスっぽい音、ドラムンぽい音がベースでそこにポップでスピード感あふれるMCが乗っかって、HIPHOPはよくわからないんだけど系統でいえばリップスライムとかキックザカンクルーみたいな、ライト(not薄っぺらい)でノリのいいライブ。
「10年前はここ(asia)で友達2,3人しか見てないようなイベントでライブしたけど今はこんなにたくさんの人が聴いてくれてうれしいぜ!」みたいなことを言ってました。けっこうたくさんファンが付いてるみたい。

アルファの40分ほどのライブを終えてHATAさんのプレイ。全体的にクールな印象。激しく踊らせる感じではないけど、落ち着いて身を任せられる安定感のある空気が漂っていました。HATAさんは19日から3日連続でDJだそうで、珍しくDACHANBOのライブのない週末をばりばり働いているようです。

ラストはDJ WASHIKITA。ソリッドで幅広、骨太なイメージの質感がする音。始発で帰ったのであまり聴かなかったな。でもあの感じは好きだ。

asiaはなんだかんだいってナンパ箱です。ドリンク代が浮くのはラッキーかもしれないけどやっぱりうっとうしい。今回はそんなにがっつり踊る感じじゃなかったので話しかけてきた人の相手もしてみたけど、慣れないことはするもんじゃないな。


MAIN FLOOR: GUEST LIVE: ■アルファ GUEST DJ: ■SHIN a.k.a EROY OTONANDEZ ■DJ HATA from Dachambo RESIDENT DJ: ■WASHIKITA(SOUL MATE MUSIC FESTIVAL/TRICO) ■ryota arai(SOUL MATE MUSIC FESTIVAL/TRICO) 2F LOUNGE FLOOR: -SLEEPING BAG vol.4- (produced by MID WEST) GUEST DJ: ■Aquira(Real grooves/NORDFORM) ■YONA RESIDENT DJ: ■HIRO ?(SLEEPING BAG) ■YU-TA (SLEEPING BAG) ■YASU(TRIVE) VJ: ■MORI 1F LOUNGE FLOOR: ■jackson ■takishima ■DJ hiroaki ■DJ show ■HIROKI ■KAJI
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 it can't be helped all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。