it can't be helped
音楽・本・アートについて書こうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「煙か土か食い物」 舞城王太郎
煙か土か食い物 (講談社文庫)煙か土か食い物 (講談社文庫)
(2004/12)
舞城 王太郎

商品詳細を見る
ミステリ、ではないと思うこの小説は。
だとしたら何なのか。
私はブログが一番近いんじゃないかと思ってる。舞城王太郎の作品全般に言えることだけど、意見発信ではなく公開日記としてのブログに、この人のスタイルとかスタンスは近いような感じがする。もはや私小説ですらない。だからこの作品にはすごく「今」を感じる。「現代」とかじゃなくて、個人感覚としての「今」を。
この作品は設定も展開も現実的にはあり得ないのだけど、あり得ないという言葉で片付けられないリアリティがある。それは、根底に流れるテーマが、誰もがどこかに持っているような家族に対する感情であったりするからだろうと思う。
ラノベ的な手法は割と嫌いじゃない。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 it can't be helped all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。