it can't be helped
音楽・本・アートについて書こうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/29 Guidance@seco bar
月曜の夜からかなりの人出でした。
12時半過ぎに到着してまずは久々のALTZ。小ダサい感じがいい。たまにとんでもない曲かけてくるんだけどたぶん客が驚いてるのを楽しんでるんだろうな、この人は。
「光」のSHINKILOWは若手チーム6人体制での出演らしく、ぶら下がったミラーボールの他に投光器?&カラープラスティックの板×2とかで、かなりの豪華なセットで会場がビカビカ。
SOはラビリンスのオーガナイザー。ALT]から一転してスマートなセット。かっこいい。
順番忘れたけどKUMAとかあと誰かとか、踊れる楽しい時間。
ラストのDESCO TWINSも攻めてきて気持ちいー!

客層は若いかんじ。あどけないと言ってもいいような。女の子の背が低い。男の子のタトゥーががっつり。なんかこの感じ、既視感がある。なんだろうとおもったら、これって中央線沿いに住んでた時に周りに住んでた友達が好きだった音とかパーティーの雰囲気に似てる。野外ならS.K,Yとかさ。そんで、「中央線テクノ」って言葉がふと頭に浮かんだ。渋谷とか六本木でなく、中央線なかんじのテクノ。なにがどうなってそう言えるんだとか聞かれても困るんだけど、なんか、中央線ぽかったなー。これでHIKARUとかいたらカンペキ。
中央線懐かしいぜ!

Guidance

PERFORMANCE
[DJ] ALTZ / DISCO TWINS / SO / yogurt / ANRI / KUMA / molicc
[vj]Spike-Bloom[光]SHINKILOW
アートディレター:RYOHEY/ MARU
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 it can't be helped all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。